おはようございます。和泉市の森防水工業(株)森です。今回は河内長野市の小学校でプールサイドの改修工事をさせて頂きました。

土間のコンクリートの浮きなどの補修工事です。まずは打診調査・マーキング(スプレーなどで標を付ける)をします。

%ef%bc%91%e8%aa%bf%e6%9f%bb%e3%80%80%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-1
マーキングした浮部分に樹脂を注入するための穴をドリルであけます。

%ef%bc%95%e6%b5%ae%e3%81%8d%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%80%80%e6%b3%a8%e5%85%a5%e6%96%bd%e5%b7%a5%e7%8a%b6%e6%b3%81
その穴にエポキシ樹脂を注入していき、コンクリート内の浮き(空洞)を埋めていきます。

%ef%bc%95%e6%b5%ae%e3%81%8d%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%80%80%e6%b3%a8%e5%85%a5%e6%96%bd%e5%b7%a5%e7%8a%b6%e6%b3%81-2
その後すぐにステンレスのピンを挿入します。(さらに強固にするため)

%ef%bc%96%e6%b5%ae%e3%81%8d%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%80%80%e3%83%94%e3%83%b3%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%8a%b6%e6%b3%81
穴をモルタルで埋め戻して浮き部分補修は完了です。

%ef%bc%98%e6%b5%ae%e3%81%8d%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%80%80%e5%ae%8c%e4%ba%86
次はひび割れ(クラック)の補修です。ひび割れは水を吸いますのでシールだけではなくきちんとした補修が必要です。

ひび割れ箇所にサンダーを入れ、カットして行きます。

%ef%bc%91%ef%bc%90%ef%bd%95%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e7%8a%b6%e6%b3%81-1
そこにシール材(コーキング)を充填し、仕上げます。

%ef%bc%91%ef%bc%93%ef%bd%95%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%80%80%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%9d%90%e5%85%85%e3%81%a6%e3%82%93
シール後、ポリマーセメントで埋め戻してひび割れの補修は完了です。

%ef%bc%91%ef%bc%96%ef%bd%95%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e8%a3%9c%e4%bf%ae%e3%80%80%e5%ae%8c%e4%ba%86
今回は土間でしたが、もちろん外壁や天井の補修も施工します。コンクリートも経年劣化でひび割れなどが生じてきますので

早めに修繕しておくと漏水や浸水の影響も少なく、修繕費も安く工期も短くできます。